FC2ブログ

#107

YOU ARE WHAT YOU MEET !!

いちごだいふく




半分こしようと、ハニーと買った苺大福。上の画像が俺の分け前。
いちご……俺のいちご…!!


スポンサーサイト



  1. 2007/05/31(木) 22:46:22|
  2. 最近考えてること
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

今、再びの傘お化け




再び、片足になりました。
現在使っている仮義足には、カップリングという調節部分がついています。
義足の角度などの微調節をする部分なんだけど、ちょっと強度にとぼしいのです。
本当はもっと早くに角度をフィックスして、カップリングは取ってしまうものなんだけど、
1~2週間足を預けなくてはならないのが難点。
ほら、模型とか運べなくなっちゃうじゃない?だから、延ばし延ばしにしてたんです。

今日は久々にリハビリへ。
先日、切断により障害内容が変わったから、新しい障害者手帳を作りました。
なので、やっと本義足プロジェクトスタートです。

じっくりいい足作ります!!
富士山に登っても、壊れないようなやつを!
  1. 2007/05/31(木) 13:14:10|
  2. 最近考えてること
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

不都合な真実




半月くらい前の話ですが、
アメリカ元副大統領アル・ゴア氏の「不都合な真実」を読み終え、
研究室のM1(大学院修士1年)で読書会をしました。

建築ってのは…たぶんトップクラスで地球に負荷をかけている分野だと思う。
しかしながら、人間ってのは建築がなくては生きてはいけない…。

そんな感じで、ちょっと地球について考える時間を作ろうということで、
自主的にひっそりと開催したもの。
定期的に、こんな会をひらけたらいいねってことになり、
まずは月1くらいでやってみることにしました。

今度は、映画の上映会かな。
「不都合な真実」のDVDがあればそれでもいいし、
他のDVDでもいい。
とにかく、環境についてディスカッションができる様な映画で上映会をひらき、
その後みんなでわいわい語ってみようかって感じです。

慣れてきたら、他の人も誘ってみようかなぁ…。


  1. 2007/05/28(月) 01:06:47|
  2. 最近考えてること
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

NoEx-Tできました。




NoExcuseのチームTシャツができました!!
ロゴのデザインから、コツコツとやってきたのですが、
やっとカタチになりました~o(^▽^)o

この前の日本選手権で早速みんなに着てもらって、
全国の舞台を駆け回ってきましたよ~☆




そして今年もパンフレットを作りました!
(画像をクリックすると少し大きくなります。)
昨年のパンフレットをブラッシュアップして、
表紙はロゴが真ん中にあるシンプルなデザインにしました。
髪質も、昨年よりもグレードを上げて、豪華になりました~!!
選手としてはなかなか参加できない現在ですが、
チームの専属デザイナーとして活動しております。
微力ながら、チームに貢献できてるかなぁと思ってます★




そして……NoEx-T販売中!!

日本選手権でも、このTシャツを着て応援してくださった方々がいて、
本当に本当に嬉しかった…(T_T)

そんなわけで、サポーター募集中です。
このTシャツを着て、NoExcuseを応援しませんか?
いや勿論、着なくたって、応援してくださいね☆w

もし、購入希望の方がいらっしゃいましたら、こちらまでメールをください。
その際には、
・氏名
・送先住所
・連絡先(電話番号/メールアドレス)
・希望サイズ/色/枚数
を必ず明記してください。
また、送料は自己負担とさせていただいてます。

売り上げ金は、チームの運営費として使わせていただきます。
よろしくおねがいしまーす!!


[NoEx-Tできました。]の続きを読む
  1. 2007/05/25(金) 03:01:52|
  2. 車椅子バスケ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

名前をつけてやる



みんな、iPodに名前つけてるようです。
友達のたろう君のiPodは、「ぽたろー」
おかちゃんのは、「おかぴー」


……俺は普通に、「吉川和博のiPod」という、なんともひねりの無い名前だったので、
みんなを見習って名前をつけてやることにしました。

命名「かずぽっ」

愛着が湧いて、大切にしたくなるかも!?
他のみんなは、なんか名前をつけてるのかなぁ?

  1. 2007/05/18(金) 02:20:23|
  2. 最近考えてること
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

しんぺーの車いすバスケ的日常 vol.10



「スラムダンク」、「バガボンド」、そして「リアル」でおなじみの
井上雄彦先生のホームページで連載中のコラム、

「しんぺーの車いすバスケ的日常」

が更新されました。
今回は、先日の日本選手権大会の模様が詳しく紹介されています。
NO EXCUSEが今大会で準優勝に至までの戦いが、臨場感あふれる文章で書いてありますよ。
ぜひ読んでみてくださいね☆

>>しんぺーの車椅子バスケ的日常
  1. 2007/05/09(水) 10:47:10|
  2. 車椅子バスケ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

歴史は始まったばかり



5月2日~4日、千駄ヶ谷の東京体育館で、車椅子バスケットボール選手権大会が行われた。
この前の東京予選を1位で通過して得た、全国の舞台。NoExcuseが目指すは、勿論日本一。

NoExcuseは、東京最強と言えど、全国大会では2回戦が最高だった。
東京では敵無しだけど、全国には沢山の強豪がいるのです。
1回戦から、1点を争う息つく暇の無い試合展開にはらはらしながら、
それでも一つ一つ勝利をものにしていったのでした。

2回戦は、今まで1度も勝ったことの無い、愛知のワールドBBCに7点差の勝利。
4回戦(準決勝)は、おそらく現在日本一のセンターで、
今年の得点王(125点取ったらしい…)が所属する宮城MAXに2点差の勝利。
そして決勝は、最も交流のあるチームであり、
選手権大会2連覇中の最強千葉ホークス。

前半を同点で折り返したNoExcuseは、
後半開始時からホークスのお家芸であるフルコートプレスにあい、苦戦を強いられる。
大舞台を幾度となく経験してきた力か、ホークスはミスの少ないプレー、
そしてイージーシュートをきっちり決めて来る。
初の大舞台であるNoExcuseは、小さなミスの連続をつかれ、
最後は20点差をつけられて準優勝に終わった。


選手達の、悔しさで歯を食いしばる表情、固く握りしめた拳、赤く腫れた目。
そんな中にも、初の決勝進出、
そしてセンターコートで40分戦い抜いた充実感が感じられた。
(決勝のみ、体育館のセンターに特別コートが作られる。
これは車椅子バスケのプレーヤーなら誰もが憧れる最高の舞台だ)
そして俺はそこに、一つのチームに込められた沢山の人達の気持ち、
そしてそれが積み重なった歴史を感じたのです。


2002年、この歴史はわずか3人から始まった。
そこには、単純に「人数が少ない」というだけではない、様々な苦難があったそうだ。
新しいチームを作り、今まで日本の車椅子バスケットボール界には無かった理念を掲げ、
日本の車椅子バスケットボールという大きな歴史の中に参入していく。
様々なバッシングがあったり、難しい人間関係があったり、中傷があったりした。
「NoExcuse」を「NoThankyou」なんて呼び方をする人が、今回の大会にもいた…。

それでも、このチームでプレーをしたいという人が、少しずつ少しずつ集まった。
2003年、9人になってNoExcuseを結成してから5年。現在チームメイトは18人になった。
他のチームから移籍してきた人もたくさんいる。
前のチームがダメというわけでは決して無い。引き抜いたわけでもない。
でも、自然とプレーヤーが集まって来る。そんな魅力が、このチームにはあるみたいだ。


最後、集合写真を撮るときに、選手がマネージャーに「あれを取って来てくれ」と言った。
マネが慌てて取って来たのは、額に入った一人のプレーヤーの写真だった。
彼は数年前までこのチームでプレーしていた人で、誰もが認める練習の鬼だったそうだ。
NoExcuseの歴史を共に作って来た彼は、ユーイング肉腫という病気で帰らぬ人となった。
でも、月日が経っても、チームメイトは誰一人、彼の存在を忘れない。
実は会ったことの無い俺でさえ、彼を知っているんだ。

選手権大会準優勝

この、NoExcuse史上最高の快挙は、「今年の結果」では無い。
結成から今にいたるまで、様々な人々が積み上げて来た思いの集大成である。

そして勿論、歴史の終結点でもない。
沢山の人の思いは、語り継がれ、受け継がれ、また歴史を作っていく。
このチームの歴史は、まだ始まったばかりである。

  1. 2007/05/05(土) 23:39:25|
  2. 車椅子バスケ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

君が喜ぶから

最近、特定の友人の間で話題になっている「不都合な真実」という本を読んでいます。
アメリカのゴア元副大統領が書いた本の日本語訳版。
地球温暖化現象が、近い将来地球に多大なる悪影響を及ぼすであろうということを、
全世界に警告しているという内容。読みやすくて、はまっています。

同時に最近、ミスチルの「彩り」という曲がお気に入りです。
ミスチルの歌の話題はよく書くけど、ミスチルフリークというわけではない。
でも、心に響く詩とメロディがそこにあるんだ。

僕のした単純作業が、この世界をまわりまわって、知らない誰かを幸せにしている。
そんなささいな生き甲斐が、モノクロの僕の日常に彩りをくわえる。

そんな内容のこの歌と、「不都合な真実」が、最近勝手にリンクしているのです。
そんなことをもやもやと考えていたら、「ペイフォワード」という映画を思い出しました。
シックスセンスに出演していた、なんとかオスメント君だかって子が出てる映画。
「ペイフォワード」ってのは、「先に送って」って翻訳されていた気がする。

A君が、B君の為になることをするとする。
その時、A君はB君からお礼を受ける代わりに、「ペイフォワード(先に送って)」
と言うんだよね。それを受けたB君は、別のC君の為になることをする。
同じ様にB君はC君からお礼を受ける代わりに、「ペイフォワード」と言う。
それを受けたC君は……という感じで、良心が世界に広がっていくという話だったと思う。


「君は理想論者だからね」って、よく言われることがある。
でも、なんだか最近、損得で物事を判断する人が多い気がする。
俺は社会主義論者ではないけど、でも資本主義の悪いところなのかもしれない。
勿論、社会ってのはそんなに奇麗なものでは無いのはわかっているけど。

これをしたら、俺にはこういう見返りがある。
ではなくてさ、
ただ、君が喜ぶから、それ以上の理由は無いよ。
そんな気持ちで行動できたら、地球も救われるのかもしれないね。

まぁ、人間ですから、そううまくはいかない。

  1. 2007/05/02(水) 08:54:10|
  2. 最近考えてること
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:18