FC2ブログ

#107

YOU ARE WHAT YOU MEET !!

衝動買未遂

m-flo.jpg

軽井沢にて。

おもわず衝動買いしそうになったサングラス。
ハニーには、「虫みたい…」と言われる。
m-floに近づけそう??

8,400円なり。
高い…さすがに断念。記念撮影だけして返却~(T▽T)

スポンサーサイト



  1. 2007/07/30(月) 00:15:42|
  2. 最近考えてること
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

出会った意味が分かった

最近、ある事務所にお手伝いに行っている。
給料無しの、完全なるボランティアだ。
でも、とてもステキなプロジェクトで、7月の後半はほぼこの作業に費やしている。

今日、少しお酒が入った勢いで、所長にくってかかってしまった。
自分のまかされている仕事に、不満や疑問があったからだ。
そしたらやっぱり、すごく怒られた。
でもその時、俺がこの人に出会った意味がわかった。
俺の人生の、このタイミングで、何でこの人に出会って、魅かれたのかわかった。
怒られながら、それを理解したら、もう怒られてることなんかどうでもよくて、
「あー、そうか、なるほど、すごいな…」なんて、ははっと笑ってしまいそうになった。
でも、所長は怒ってるから、なんとか吹き出すのをこらえた。

今夜は、寝られそうにないなぁ。
自分の案を、明日までに作り上げよう。
そして明日、ギラギラした目で事務所に行く。
俺の考えを、ぶつけてみるんだ。
そのチャンスを、俺は与えられた。

この事務所で手伝いをしたたった半月で、生きてて良かったって、3回くらい思った。
今日が、その3回目だった。
  1. 2007/07/26(木) 01:20:33|
  2. 最近考えてること
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

共時的な箱の中での妄想

DSCN6939.jpg

レモン画翠で大きな紙を買い、お茶の水駅から総武線に乗る。
大きな荷物を持っている時は、席があいていてもスライドドアの付近に立っている。
どうせ、飯田橋駅まではほんの数分で着く。

車内の壁によりかかり、ぼんやりと座席を眺める。
子連れの女の人、老夫婦、サラリーマン風の男、外国人の二人組、学校帰りの小学生達…。
所々間をあけながら、微妙なバランスで席について、思い思いのことをしている。
ぼけっと高速で過ぎ去るお堀の景色を眺める人、iPodで音楽を聞く人、
うたた寝をしている人、NintendoDSに熱中する人…。

俺はふとそんな景色に、通時の中の共時を見る。

子連れの女の人も、老夫婦も、サラリーマンも、外国人も、小学生も、
それぞれ連続した通時性の中で生きている。
そんな彼等と俺は、お茶の水から飯田橋のほんのわずかな共時性の中に存在している。
電車という限定された空間の中に、ある意味閉じ込められた状態だから、
そんなことを強く感じるのかもしれない。


ふと俺は、神保町に連立する古本屋を思い出した。
その中に納められた、膨大な量の古本達は、
本の形になってからずっと続く、通時的な時間を内包している。
見るからに時代を感じる本は、これまでにいったい何人の人と、
共時的な時を過ごしたのだろうか。
神保町の、小さな古本屋に行くと感じる不思議な感覚は、これが原因なのかもしれない。
俺なんかよりも、はるかに歳を重ねた古本。
その前に立つと、その果てしない通時性の中の、一瞬の共時性の中に、俺はいるのだ。


すると俺は、小学生の時に石を蹴りながら下校した時のことを思い出した。
あの石は、今いったいどこにいるのだろう?
果てしない、地質学的な時間を内包した石ころ。
あの石ころは、その果てしない通時の中のほんの一瞬を、俺と共有したわけだ。
俺の通時性と、石ころの通時性が一瞬出会った共時性の中を、
俺は家に向かってただただ石ころを蹴って進んだ。
そう考えると、なんだか不思議な気持ちになるのです。

共時的な箱が減速し、飯田橋に到着する。
俺はぽんっと、ほんの10分かそこらの共時性から抜け出す。
やがてスライドドアは締まり、その箱は新宿方面へゆっくりと走り出す。

不思議な共時的箱はいつもの様に、俺の通時性から遠ざかってゆく…。


  1. 2007/07/20(金) 01:27:13|
  2. 最近考えてること
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

知らない空




"Because the sky is blue.  It makes me cry..."
空が青いから 僕は泣きたくなる...
(THE BEATLES "BECAUSE"より)


中学生の頃の俺は、悲しくて泣きたくなる青い空を知らなかった。
でも今の俺は、悲しくて泣きたくなる青い空を知っている。


3連休も毎日事務所で設計案を議論する。
話がヒートアップして、事務所の本棚からはあらゆる本が引っ張り出される。
知らない建築、知らないアート、知らない哲学、しらない都市。
自分にとって真新しい世界の断片が、目の前に現れては俺に衝撃を与えていくんだ。

所長が、かつての自分の経験から、俺の知らない街の話をする。
知らない道、知らない運河、知らない海、知らない空。
俺の心は、好奇心で震える。果てしなく広い世界、自分の知らない世界へと、思いを馳せる。

そして突然、我にかえった。
俺はふと、生きてて良かった…と思った。
次の瞬間「はっ」として、「生きてて良かった」をかみしめた。
そして、溢れてくる何かを必死でこらえた。


生きててよかった…………って。


夜、母親から連絡が入る。
今日でちょうど、悪夢の始まりから4年が経ち、5年目に入ったと。
4年前、白い室内から見上げていた青い空を、
俺は今、暑い日差しを体中で受けながら、しっかりと見上げている。

いろいろなひとに、いろいろなことに、ありがとうを言いたい。
  1. 2007/07/17(火) 00:56:14|
  2. 最近考えてること
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

放ったらかし

070714_214612.jpg


最近よく、友達の車に乗せてもらって大きなショッピングモールに行く様になりました。
部屋の近くの小さなスーパーよりも断然大きくて、品揃えも豊富。
それに、車なので買いだめができます。とても助かってます(>_<)

大きなスーパーを、カートを押しながらハニーとショッピングってのは、
なかなか楽しいもんです。ハニーも、料理する意欲が湧くらしく、
最近はよくご飯を作ってくれます。うーん、幸せなことだ。

しかしながら、ここ数週間、俺は怒濤の忙しさで、ほとんどハニーの相手をしていません。
1日に、2つも3つも打ち合わせや作業が入っていたり、
またその中のいくつかは代表をやっていたり、中心のポジションにいるので、
なかなか暇を作れず、ハニーは放ったらかし状態なのです…。
わかってはいるのだけど…、この本当にエキサイティングな毎日に、どっぷりとはまってしまっているのです…。

しかし、あんまりやってると、本当に愛想つかされてしまうなぁ…。
むかし、「スニーカー」だかなんだかって歌があった。フォークソングかな?

"わがままは男の罪 それを許さないのは女の罪♪"

なんて…こんなこと言った日にはぶっ飛ばされます……orz



写真は、ガチャガチャで取った"ドム"。
モールに行くと、1回ガチャガチャをやる。これが習慣になってしまいそう。
その後ろにいるのは、本日初公開!モザイク無しのハニーです!!わはは!!

  1. 2007/07/15(日) 00:56:56|
  2. 最近考えてること
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

PASSION!!

P7130022.jpg

大学から帰途中、でかいカエルを発見した。
東京にもいるんだな~、こんなカエル。
地元では、今カエルの大合唱の時期だろうか?

夜、うるさくて寝られないくらいの大合唱。
それは、カエル達の生きる情熱なのかもしれないと、ふと思ったのです。
自分の遺伝子を残す為、ただひたすら、力尽きるまで鳴く。
それはまさしく、本能のおもむくがまま、とにかく鳴いて、鳴いて、鳴きまくる。
そこに注がれる、とてつもない情熱は、芸術だと思う。まさに、命の叫び!

そういえば、ある友達の話によると、今年は十数年地中で眠っていたある種のセミが、
地上に出てくる年らしい。
でも、セミってのは確か、地上では7日くらいしか生きられないんだよね?
「夏だなぁ…」なんて、ぼんやりと人間が感じていることなんてつゆ知らず。
ただひたすら、自分の残された時間を、鳴いて、鳴いて、鳴きまくる。
あの、夏の蝉時雨は、まさに命の叫びのどしゃ降り!情熱!PASSION!


俺の情熱は、なんだ?俺のPASSIONは、なんだろう?
ここ数年は、とにかく「生きる」ということが第一目標だった。
生きる為に、自分が信じられることは、全部やった。
とにかく、生きる。生きることが、なによりも最優先だった。
より力強く、より自分らしく生きる為に、片足も切り落とした!
そして俺は、癌を克服し、生き残った。もう、そう思っていいだろう?
じゃぁ今度は、その先に情熱を注ぎ込もう。

建築?デザイン?それは、ある一つの手段であって、情熱の矛先ではない。
もっと自分の根底にある何か。言葉では説明できないけど、何かだよ。

何だよ、それは?
しらねーよ!ぺっぺっ!!

いや、知ってる。知っている!!
生きる!やっぱ生きるってことだろう!それこそが、最大の情熱!
生き残ったその先に何かがあるんじゃない。
生き残ろうが、死のうが、死ぬまで生きる!これが、最大の芸術!

じゃぁ、どう生きる?俺は、どう生きる!?君は、どう生きる!?


あぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ!もうっ!!知るかっ!!

ミンミンゲコゲコミンミンゲコゲコォォォォォォっ!!!!


(シラフです)
  1. 2007/07/13(金) 01:01:17|
  2. 最近考えてること
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ありんこと溶けたチョコレートの関係



無事提出できました。
講評にあがって、8月のオープンキャンパスで発表することになりました。
発表まで、もう少しブラッシュアップします。

模型を、スチレンボード以外で作っているのに、
できあがったものに印象はあまり変わらない。
どうしても、きれいに作ってしまうクセがあるのです。
きたなく作ろうってわけではないのだけど、
なんというか…、スチレンボードでは表現出来ない部分を、もっと出せれば良かった。

今後の課題ですね。。。
  1. 2007/07/11(水) 10:56:37|
  2. 最近考えてること
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

100分の1の純情な感情

070708_175242.jpg


遂にハニーを模型要員として雇った。今日はたまたま仕事がお休みだったのです。
報酬は、スタバの「あずきフラペチーノ」とコンビニの「チョコモナカジャンボ」。
模型の中に入れる人に色を塗ってもらって、1/100の椅子を100脚作ってもらいました。
サンキュー、ハニー★

「一位取らなかったら、うなぎおごってもらうからね!!」

だそうです。うなぎ……うげげ、高い……。

070708_222603.jpg


「あずきフラペチーノと、チョコモナカジャンボ、
甘いもの食べたから消費しなくちゃ!!」

そんなこと言いながら、ビリーズブートキャンプやってます…。
しかし、ビリーズブートキャンプ……こんなに続くとは思わなかった…。
もう2週間くらい、ハニーは毎日ビリーとエクササイズしてます。

「ビリーバンドが無い」

とかいって、水の入ったペットボトルをダンベル代わりにしてやってる。
うーん、関心するぜ…。

今年の夏は、ハニーの腹筋が割れます。

  1. 2007/07/09(月) 01:34:11|
  2. 最近考えてること
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

スチレンボード畑

P7070026.jpg

今日の午前中、課外授業で国立国会図書館に行きました。
新館の書庫(一般では入れない)ところまで見学できたし、
空間の構成や素材のこだわりなど、ワクワクすることを沢山聞けました。
設計課題提出直前…1分でも惜しい貴重な時間だったけど、
モチベーションがかなり上がった、いい見学会でした。感謝感謝!!

最近、自分の興味が完全にテクスチャや素材に向いている。
「スチレンボード畑」と「真っ白模型」から少し脱却してみたい。
そして、「燃える素材」で模型を作る。これは地球の為。

提出まであと3日…。

  1. 2007/07/07(土) 20:05:18|
  2. 最近考えてること
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

願いよ叶え



検査、無事通過しました。次は10月です。
朝9時から行って終わったのは15時くらいでした。
はぁ…長かった。でも良かった…(T_T)
  1. 2007/07/06(金) 07:41:43|
  2. 最近考えてること
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:15

惑星のかけら

P7050003.jpg


眠れない夜.......

そう、明日(5日)は検査の日です。

今回は、肺転移のCT検査と、骨転移の検査(骨シンチと言う)。
実は、明日が検査だということを俺はすっかり忘れていた。
それくらい、充実した日々だということだろうか。

いいことなのかもしれない。

1年周期の転移ジンクスを打ち破り、未知なる領域へ踏み出して3ヶ月。
今は、もう沢山の仕事を請け負ってるし、ここで再入院するわけにはいかないでのです。
もう、病床に戻るわけにはいかないのです。絶対に!!


検査を思い出して、緊張でそわそわして、たまに「おえっ」となる。
そんな俺の耳に聴こえてきたのは、「惑星のかけら」
これは、スピッツの3rdアルバムです。
流行に逆行していた俺も、スピッツだけははまりにはまったのでした。

少年時代に、何度も何度も聴いたこの曲。
あの頃は、まさか骨肉腫なんかになるとは、片足を切断するとは、想像もしなかったなぁ。
そんなことを考えながらも、懐かしいメロディと詩に、どこか心穏やかになるのでした。

しかし…寝れない。
んー…設計課題でもやりますか。提出まであと1週間だし…(-_-)



写真は、今日ガチャガチャでゲットしたガンダムの「ボウル」。
ガチャガチャも、クオリティ上がったなぁ。
最近、ノスタルジー感じることが多い。うーん、やっぱ歳とったのかな。

  1. 2007/07/05(木) 02:55:16|
  2. 最近考えてること
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ひねくれ少年のアビイ・ロード

P7040001.jpg

ブックオフにて、「アビイ・ロード」を購入。
これは、結構想いでのアルバムで、やっと手元に購入したって感じ。

思い起こせば13歳の頃だったか…。小学校を卒業して、中学生になった頃の話。
もともと流行の音楽というものに疎かった俺が、
思春期を迎えて更にひねくれ、流行から逆行していったのでした。

当時、ヒットチャートを賑わせていたのは、いわゆるビジュアル系バンドと呼ばれる類。
そしてエレキギターというものに興味を持ち出すお年頃。
友達が何人もエレキギターを手に入れる中、俺も例外無く誕生日にゲットしました。
多くの友達は、バンドもどきの様なものを結成し、
休み時間になると「GIGS」とか「バンドやろうぜ」等の雑誌に群がるのを横目に、
「そんな流行には乗らん!」とかなんとか言って、
「ビートルズ」と「ベンチャーズ」を一人ただ黙々と練習していたのでしたw

ビートルズは、本当によく聴いたなぁ。休み時間になると、教室の後ろのCDプレーヤーで、
ある友達(クラスにもう一人ひねくれた奴がいた!)と二人で聴いていました。

「アビイ・ロード」は、ビートルズの中でも特に好きなアルバムなんだけど、
当時は半分しか聴いてなかった。
なんだか、アルバム途中から曲がメドレーみたいに連続し出して、
複数の曲が連続することで一つの作品になっているというか…。
なんというか、「むずかしい」というのが少年atchitravelerの見解。
全17曲収録されている中で、7曲目の「HERE COMES THE SUN」まで聴いて1番に戻す。
そんな感じの聴き方をしていたのです。

しかし最近になって、友達のiPodの中に入っていた「アビイ・ロード」を聴いたら、
アルバムの後半もなんだか聴けるようになっていた!
「理解した」というわけではないけど、なんとなくアルバムをトータルで聴ける様になっていたのです。

うーん、俺も歳をとったということかf^_^;?

そんなわけで、12年の歳月を経た自分の成長(老い?)を感じたアルバムなのです。
ちょっとした昔話でした。
  1. 2007/07/04(水) 10:52:11|
  2. 最近考えてること
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

いろとりどりの



東京理科大学工学部建築学科の本、「りぼん」編集中。
今日はOBの方にプレゼンです。胃が痛い…。

先日、神保町の紙屋さんへ。
本の中に、ちょっと肌触りの違う紙を挿入したいと思っているのです。

ここは、神保町にある「見本帖本店」という紙の専門店。
もっとごちゃっとしてるイメージでしたが、奇麗すぎる程洗練されてました。
紙屋さんって、スタイリッシュなんですね。

070613_142048.jpg

壁一面が、白くつるっとした引き出し。
この引き出しから品物をとるわけではないけど、引き出すとちゃんと紙が入ってました。
在庫の保管の意味もあるのかもしれません。
保管する場所を、そのまま店のインテリアにしてしまったということかな。

070613_140415.jpg

紙の種類がありすぎて選びきれません…。

070613_142119.jpg

フロアに、紙のサンプルがずらりと並んでいます。
お客さんは、このサンプルで色や肌触りを確かめて、
レジで注文すると店員さんが紙を出してくれます。

070613_142147.jpg

紙を選ぶ目も真剣です。ざらざらした質感の紙がいいなぁ。

  1. 2007/07/03(火) 12:24:52|
  2. モノヅクリ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

ハンガーレール



お手伝いしている事務所でもコンペを出しました。
俺はもっぱら模型製作ですが…。
初めて事務所にお泊まり。
明け方はハンガーレールと服を作りました。
無事提出もできた模様。良かった。
  1. 2007/07/01(日) 10:28:46|
  2. 最近考えてること
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8