FC2ブログ

#107

YOU ARE WHAT YOU MEET !!

LIVING ART in OHYAMA Facebookファンページ 開設

earthstone_small.jpg


8月末に開催するLIVING ART in OHYAMAの準備で忙しい今日この頃です。
先日このイベントのFacebookファンページを開設しました。

Living Art in OHYAMA Facebookファンページ

Facebookに登録していない方でも見る事のできるページです。
よかったら、「いいね!」してくださいね。ご協力宜しくお願いしまーす!

スポンサーサイト



  1. 2012/07/31(火) 05:39:59|
  2. TOYAMA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

A BUG's LIFE

bl08.jpg

もし僕が虫だったら...と、最近よく考える。「僕なんてもう虫けら同然の人間ですよ…」という訳ではないよ。
視線をぐっと下げてまわりを見てみると、世界が全然違った風景に見える。それがなんだかおもしろいのです。



虫達には、人間の空間に対する概念がまったく通用しない。
それを、木の幹をぐんぐん駆け上がるアリ達を見ていて感じた。
これを、人間のサイズに換算したら、いったいどれだけの高さの垂直面を、どれくらいのスピードで駆け上がっていることになるのだろう?
もしかしたら、スカイツリーでさえ素手でひょひょいっと登り切ってしまっているかもしれない。



わさわさに育った水芭蕉の葉をのぞいてみると、そこにも沢山の虫達が生活している。
彼らには、フラットな床や垂直な壁、天井といった概念が全く存在しない。
地面が波打っていようが、葉っぱの壁がそびえ立っていようが、花びらが大きくせり出していようがおかまい無し。
あらゆる地形を、縦横無尽に駆け回り、例え落ちても怪我一つしていない。
人間のサイズに換算したら、いったいどのくらいの高さから落ちたことになるのだろう?

bl02.jpg

そう考えていると、人間ってのはある意味とても不自由な生き物だなと感じてしまうのです。
虫の様に、どんな地形でも歩き回れて、いざとなれば羽を広げて飛ぶことすらできたら、いったいどんな建築がスタンダードになるのでしょうかね。
床とか壁とか天井とかどうでも良くて、手すりの規定も無い。そんな条件下でデザインを行なったら、いったいどんなカタチが出てくるのでしょうか。

bl01.jpg

NASAのスペースシャトル計画が30年の幕を閉じたとほぼ同時に、民間企業のISSへのドッキングが初めて成功した。
恐らくこれからの宇宙開発は、資本とパワーのある民間企業が引っ張っていく時代に突入するんだろう(たぶん)。
そうしたらさ、宇宙ホテルとか、月面住宅とかができて、床壁天井や手すりなんか関係ない、今までとは全く違う考え方の住空間のカタチが提案されるかもしれないね。
「宇宙一級建築士」なんていう資格もできたりして...?なんて、安易な想像をしてみたりする^^;

bl03.jpg

…と、虫達には世界がどんな風にみえているのかなと、ぐっと視線を下げて、ぼけっと想像したり、そのまま空を見上げて、近未来の宇宙開発を想像してみたりするのです。


[A BUG's LIFE]の続きを読む
  1. 2012/07/02(月) 01:15:24|
  2. TOYAMA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0