#107

YOU ARE WHAT YOU MEET !!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ここに違う未来がある

まさかこんなに早く試合に出られるチャンスが巡って来るとは思わなかった…。
車椅子バスケうまくなって試合に出られるようになったら書こうと思っていたことなんだけど、
初試合があるにあたって、俺の車椅子バスケをやるコンセプトを書きます。

…例によって長い文ですが、俺にとってかなり重要なこと。
いろんな側面からのコメントいただけると嬉しいと思います。


2003年6月、左膝に腫瘍があることが判明。
7月21日の手術で、骨肉腫だということが分かりました。
同年10月の手術で左足を人工関節にすることにより受障、今に至ります。
振り返ってみると、どうだったかな。大したこと無かった様な、大変だった様な…。
痛いことや苦しいことはすぐ忘れてしまう性格だからさ、実際よく覚えてないんだ。
「全然泣かないね」なんて、母親に心配されたこともあった。実際そんなに泣く気にならなかった。
(ある時、2時間くらい涙が止まらなかったこともあったけど…。受障してすぐの頃だったかな。)

俺はとても恵まれていたからだと思う。

役半年の入院中に、100人以上の友達が見舞いに来てくれた。
何回も来てくれた人もいて、それも数えるとどのくらい来てくれたんだろう。
毎日毎日、俺のベッドには誰かしら尋ねてきてくれたんだ。
中には宮城や北海道から帰省する途中にわざわざ寄ってくれる友達もいた…。
そんな人たちのおかげで、俺は笑って乗り越えられたんだと思う。一人じゃ無理だった。
そんな友達がいる(病院の)外の世界へ、早く戻りたいといつも思っていてね、それが励みだった。

  俺には戻りたい外の世界があった

家族にもとても恵まれていた。
俺のことになると周りが見えなくなってしまう程俺のことを良く考えてくれる母親。
不器用なんだけど、俺の見てない所で涙を流して心配してくれた(らしいw)父親。
いつまでたっても兄離れしない(最近してきた…!?そーれもねーかw)かわいい妹。
バックにいる家族の存在が、何の心配も無く俺を治療や手術に集中させてくれた。

  俺にはすばらしい家族がいた

出会いにも恵まれていた。
「戻りたい外の世界」と言ったけど、病院の中もなかなかのもんだった。
看護師さん達はみんな可愛くて優しいし、医師達もとても信頼のおける人達だ。
そして、病院で出会った少年達。彼らの存在は、俺のその後を変えるくらい衝撃的なものになった。
むらさん、ハヤト、遊雲…。他にも名前を挙げればきりが無い。今も、病院に行くたびに出会いがある。

  俺はステキな出会いに恵まれた


そんな人達に精一杯の感謝をしている。
そしてその感謝の気持ちを表すために、とにかく俺は生きなくてはと思っているんだ。
まだまだ抗癌剤の治療は続くし、完治とみなされる5年ボーダーはまだまだ先だ。
でもとにかく、生きる。それが前提で、更にチャレンジ精神を忘れずにいきたい。

-------------------------------------------------------------------------

さて、本題はここからですw車椅子バスケのことについて。

実は、車椅子バスケをやるきっかけは、上でも書いた、病院で出会った少年達です。
骨肉腫ってのは、10代に多い病気らしい。だから、小中学生、高校生なんかが結構いる。
抗癌剤の為の入院をする度に、俺はそんな少年達と出会います。
その度にね、おせっかいな俺は心配になってしまうんだ。
癌であることが心配なのでは無い(勿論心配だけど!!)。むしろ、心の問題です。
「こんな幼い子達が、自分のリアルをちゃんと整理して、逞しく生きていってくれるかな」ってね。
…完全におせっかいなのはわかってるんだけど、どうしてもね(^_^;)

病院ってね、病気の人が来るところなんだ。
「当たり前だろ」って?確かに、当たり前のことなのかもしれない。
でも俺は、それに凄く疑問を感じるというか、もう少しなんとかならんのかと思っているんだ。
入院して、「さぁ、これから治療頑張ろう」って思ってる少年達が見るものは…?
治らずにカムバックしてくる人達ばかり。まぁ、俺も1回再発でカムバックしたんだけど(^▽^;)
中には、亡くなってしまう方もいます…。
それらを病床で目の当たりにした彼らは、いったいその小さな胸で何を思うだろう…。
俺が一番心配なのは、彼らがそれを自分の未来と重ねてしまうことです。
(友人知人、家族に癌で亡くなってしまった方がいる方、上の表現は少々気になるかもしれませんが、誤解せずに読んでください。)
そんな中で、自分の未来に「希望」を持って治療に専念できるかな…。それが心配です。



俺は、とにかく病院によく行きます。自分の外来でも無いのに、なにかと理由をつけて、病院に行く。
それはね、まぁ一度再発はしたものの、俺は順調に完治に向かっている人間だから。
少年達と、同じ治療をして、同じ抗癌剤を打って、同じ手術をした人間だから。
そう思って、看護師さんに不思議そうな顔されても、やたらと病棟に出没しているわけです。

だから車椅子バスケはね、更に激しく生きる為です!!少年達への激しいアピールです!!
「お前等も、抗癌剤やって、手術して、リハビリしたら、こっちに来い!!」ってね。

別にバスケをやれって訳じゃ無い、スポーツやれってわけじゃない。
なんでもいいから、何か希望を持ってほしい
どんな小さなことでもいいから、夢を持ってほしい。
最初から無理だなんて言って諦めないでほしい。

だから、俺はとにかく挑戦し続けたい。バスケも、そして建築(夢)も!


「ここに、違う未来があるよ」


彼らに、俺の体で、生き方で伝えたいメッセージです。

---------------------------------------------------------------------------------

18日の試合にも、何人かの少年に声をかけてみたんだ。応援においでよってね。
でもまだへたっぴだから、「かっこわるい未来」になってしまいそうで不安だけどさw
でも、うまいへたなんて関係無いよね。誰か観に来てくれるかな。
最初は少なくてもさ、だんだん増えていってくれればいい。その頃には、俺ももっとうまくなってるはずだしね!
  1. 2005/09/16(金) 02:23:19|
  2. 最近考えてること
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10
<<10分間へ込める!! | ホーム | DEBUT!!>>

コメント

かっけぇ

いつもながら、かっけぇよ。

癌になったことはもちろんうらやましくないけど、死を目の当りにして本当の生を得た今のヨッシーはうらやましい。
いよいよ、試練を乗り越えたって感じだね。

上の文章を読んでいると、目の中に星がキラキラ輝いているヨッシーの顔が浮かびます。
「彼ら」の希望の星。
君ならなれると思います。
  1. 2005/09/16(金) 03:52:26 |
  2. URL |
  3. 黒田 #QOr.3YX2
  4. [ 編集]

ぜひだれかビデオを取って送ってほしいな。。。むりか??

とにかく応援してます!!がんばれ!!
  1. 2005/09/16(金) 04:49:50 |
  2. URL |
  3. robo #-
  4. [ 編集]

くしゃみでなかった?

おととい、六本木ヒルズのスタバで、Hくんママとホワイトさんと私で君の噂してたんだよ。くしゃみでなかった?自分のいないところで噂されるなんてスターみたいだね。しかもすごいね、がんばってるね、かっこいいねの嵐(笑)。しかも美女3人に・・・(言ったモン勝ちだー)。うちのだんなはバスケットが大好きで自分でチーム作ったり、子供に教えたりしているんだけど、「最近動けなくなってきた。」と言うから「車椅子に乗ってやったら?」と言ったら、「何言ってんだ車椅子でやるほうがずっと体力いるんだよ」と言ってた。すごいね!がんばってるね!かっこいいね!
  1. 2005/09/16(金) 11:04:33 |
  2. URL |
  3. ジェシカ #-
  4. [ 編集]

「恵まれている」
これは、一方通行じゃないよ。
家族、俺たち仲間、その他多くの出会い。
彼ら、俺たちは、お前という存在に恵まれてるんだ。

俺は大学に移って来て、一度だけかなり落ち込んだ事があったんだ。帰り道は30分かけて歩いているんだけど、夜中、考え事しながら日本の皆の事を考えた。
お前の事を考えた時に、お前は自分の力だけではどうにかできない相手と闘っている事を考えたんだ。じゃあ、俺は?
そう考えたら、一瞬で視界が晴れたよ。
そして新たな目論見を思いついたんだ。
これは近々報告できるかな。

試合のビデオ、撮っておいて欲しいな。

  1. 2005/09/16(金) 12:09:17 |
  2. URL |
  3. ゆっけ #-
  4. [ 編集]

「自分だから出来ること」を見つけられたんだね。素晴らしい☆んで、羨ましい。

私は、「私だから出来ること」が、まだ、いまいち分かってない(^_^;)人から見れば、あるのかもしれないけれど、自分としては、「これ!」って言えるモノはないんだなぁ。

なので、まずは、私も本当に家族に、友達に、仲間、環境に恵まれていると思うので、お世話になった人たちに貰ったものを、何かしらで次に伝えてたり、与えていければ…って思って色々やっているよ。うまくいかないことも一杯あるけれど。それもまた人生の面白さ。

物事は見方によってどんな形にも受け取れるよね。だったら、人生辛いこともあるけど、それがあるからこそ、楽しいことがより面白かったりするし。勿論、振り返って、よりよい方向を考えた上で悪いこともキチンと受け止めて、よりよい方向を考えてっていうのが前提で。

辛いこと、悪いことしても、落ち込んで、反省して、一通り終わったら、背筋のばして、足取り軽く生きていったほうが断然オトク☆(背筋のばして落ち込んでいる人はいない@)
と、思うわけです。

>みなさま
ビデオ撮影出来るか分かりませんが、何かしらの形で試合風景を一部でも残しますので…
  1. 2005/09/17(土) 12:21:46 |
  2. URL |
  3. Sarah #-
  4. [ 編集]

>黒田

癌になったこと、最悪だけど、良かったと思える時もあるよ。
いや、良かったと思える生き方をするよ。
  1. 2005/09/18(日) 20:40:40 |
  2. URL |
  3. architraveler #XKEzdgio
  4. [ 編集]

>robo

sarahさんとアズパンがビデオ撮ってくれましたよ~☆
  1. 2005/09/18(日) 20:42:15 |
  2. URL |
  3. architraveler #XKEzdgio
  4. [ 編集]

>ジェシカさん

えっっ!本当ですか!?最近、年上の女性にモテるなぁ(*^▽^*)
ひろしママもお元気の様ですね!嬉しいです。
都内で試合なんかがあるときは、是非応援にいらしてくださいね☆
  1. 2005/09/18(日) 20:45:40 |
  2. URL |
  3. architraveler #XKEzdgio
  4. [ 編集]

>yukke

新たな目論見…気になる!!
報告をたのしみにしているよ☆
今日の試合は散々だったよ…(^_^;)
  1. 2005/09/18(日) 20:47:36 |
  2. URL |
  3. architraveler #XKEzdgio
  4. [ 編集]

>sarahさん

>辛いこと、悪いことしても、落ち込んで、反省して、一通り終わったら、背筋のばして、足取り軽く生きていったほうが断然オトク☆

そうですね!本当にそう思う(^▽^)
何事も、一生懸命楽しまないと!!
この世には、楽しいことがあふれていますからね。
人生が1度きりなんて、本当に短い…。
いくつの楽しみを見つけられるか、それも人生の楽しみだったりするかもしれないっすね。
  1. 2005/09/18(日) 22:49:11 |
  2. URL |
  3. architraveler #XKEzdgio
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://architraveler.blog2.fc2.com/tb.php/177-5fd9c0b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。