#107

YOU ARE WHAT YOU MEET !!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

川が好き 川にうつった 空も好き



友人の考えた標語が、国土交通大臣賞を受賞し、そして彼の故郷である山口県周南市鹿野下に、
その標語が掘られた碑文ができました。

彼との出会いは病院。そう、彼もまた、骨肉腫(ユーイング肉腫)とたたかう少年です。
彼の場合は、「たたかう」という表現はちょっと似合わないかもしれない。
出会った頃(当時彼は小学校6年生)から、どこか非凡な雰囲気をかもしだしていて、
「むっ、この子はちょっと違うぞ…!!」
と思わせるところがありました。
早熟な感じなんだけど、でも心から純粋な、そんな素敵な少年です。




退院の日、病院で彼に会いました。
最初の手術から、1度の再発と、ものすごい過酷な抗癌剤を乗り越えて来た彼に、
2度目の再発が発覚したとのことです。
「修学旅行に行きたいのにな」
って言ってました。手術は26日。朝から応援に行ってこようと思います。
読んでくださった人も、彼の応援よろしくお願いしますね!





---以下は新聞の記事の抜粋です---

「川が好き 川にうつった 空も好き」。2004年度に国土交通大臣賞を受賞した周南市鹿野下の鹿野中3年の有国遊雲君(14)の河川標語を刻んだ石碑が、錦川の支流、同市加野地区の渋川沿いに完成した。標語に刺激され、自然のすばらしさに気づいた住民が建立。16日午前10時から、石船温泉さくらまつりで除幕する。

石船温泉のたもと。渋川を背に建てられた石碑は、標語とともにせせらぎや山並み、ホタル3匹が刻み込まれた。
流域の全68戸でつくる渋川をよくする会が建立した。「標語が日本一になり、当たり前の自然がどんなに豊かか、みんなが再確認した」と安永芳江会長(66)。「野や山や川が有国君のように心のやさしい人を育てている」と感じたという。
鹿野中学校で昨年1月にあった表彰式を知り、建立を決意。当初は浄財を持ち寄り、板に刻む予定だったが、市観光協会鹿野支部や自治会も賛同し、石碑となった。
住民らは、書体や字の大きさ、ホタルの向きなど相談を重ね、台座も手作り。川石を敷き詰め、花壇で周囲を飾った。台座には「川を守ることは地球を守ることにつながります」と有国君の思いも刻んだ。
標語は、国交省が河川愛護の啓発推進のため2004年度に募集。前回の標語は1988年度から16年間使われた。2005年度には、有国君の作品を入れたポスターを全国に募集、鹿野小6年(当時)金本拓大君の作品が奨励賞に選ばれている。
さくらまつりは、すしの配布やもちまき、芸能披露などがある。
  1. 2006/04/22(土) 00:34:04|
  2. 最近考えてること
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
<<あしくびちゃん | ホーム | テルテルボーイズ ファンクラブ会報 vol.3>>

コメント

遊雲くん、ガンバレ

私が遊雲くんに会ったのも、やはり彼が小学6年の時でした。初めて会ったのにたくさん「なぞなぞ」を出してきて、私も負けるもんかと必死で答えたのがついこの前のような気がします。何にでも興味があり意欲的な面白い少年という印象を受けましたが、立派な青年になりつつあるのですね。写真を載せてくれてありがとう。やんちゃな遊雲くんではなくなっていて、なんだか頼もしくなってますね!
 そして、素晴らしい標語の受賞と、石碑の建立。おめでとうございます。
自然の中で育まれた心の豊かさを感じます。どこまでも心が澄み渡り、自然と地球を愛する優しさを感じます。雑踏の中で生活している私にとっては、ふと立ち止まって自分の心を見つめ直し、周りを見回すゆとりを取り戻せと言われたような気がしました。
 26日の手術のご成功をお祈りしてます。頑張って!
  1. 2006/04/22(土) 20:14:09 |
  2. URL |
  3. ホワイト #O/Fb.Thg
  4. [ 編集]

精神的な豊かさを求めなくてはいけないのに
物理的な豊かさだけを追い求めてしまう。
そんな物、最後には塵となるのにね。
標語を募集したり、石碑が建てられたりしなければいけないという世の中が悲しい。

有国遊雲君(良い名前!)、
恥ずかしながらこの記事は知りませんでした。
ありがとう。
  1. 2006/04/22(土) 22:15:31 |
  2. URL |
  3. bluespring #-
  4. [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2006/04/24(月) 00:24:35 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

絵しりとり

遊雲くん随分大人っぽくなったね。
和博に会いに行ったのに結局遊雲くんと絵しりとりしながら二時間近く経ってたのを思い出します。。。完璧遊んでもらってたし、なぜか私の知らない言葉がじゃんじゃん出てきてビビッてた。しりとりっててっきり リンゴ⇒ゴリラ⇒ラッパ・・・って流れだと思ってたぁ・・賢い子だなぁって。
この標語を初めて和博から聞いたときと同じ新鮮さと温かさを何度聞いても感じるよ。すごく素敵。
そしてその言葉が視覚を通じて入ってくるとまた新鮮さが際立つように思います。
石碑、見に行きたいです。
遊雲くんの手術が無事成功することを心から祈っています。
  1. 2006/04/24(月) 12:53:15 |
  2. URL |
  3. あゆこ #-
  4. [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2006/08/02(水) 01:27:42 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://architraveler.blog2.fc2.com/tb.php/312-94fcbc0d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。