FC2ブログ

#107

YOU ARE WHAT YOU MEET !!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Brazil2008 Travel Report #02 ホテルが無い!?

se.jpg

少しずつ書こうと思っていたブラジル旅行記ですが...#01を書いてからもう2年以上経ってしまった。
#03はいつになるかわかりませんが、当時の日記を読み返しながらのんびりと書くことにします。

いまだに、人にブラジルへ行った時の話をよくします。それだけ、内容の濃い1ヶ月間でした。
思いが強い分、旅行記もちゃんと書きたいと構えれば構える程気楽に書けなくなってしまっていたのですが、
後から追記したり、順番が前後したり、書き終えるのに年月がかかってもいーやと思えば気楽なもんです。
というわけで、のらりくらりと書く事にします。

上の写真はサンパウロのSe駅。2本の地下鉄が十字に交差する、サンパウロの中心と言ってもいい駅です。
この丸いヴォイドは、その十字の丁度中心に位置し、地上から地下3階まで貫通しています。
サンパウロは、旅の出発点であり終着点でもあった都市。この駅も、何度も利用しました。

さて、ではではハプニング続きだった初日の話からのんびりしていきましょう。



riberdarde2.jpg

サンパウロには、リベルダージ地区という南米最大の日本人街があります。
(上写真はリベルダージのとある通り。鳥居や提灯らしき街灯がある。)
日本から地球の反対側にあるこのブラジルに、約100年前多くの日本人が移住したそうです(2008年は移民100年のメモリアルイヤーでした)。
リベルダージでは、多少日本語も通じるし、日本食のスーパーや、「県人会」なるコミュニティもあるので、
1ヶ月の旅の最初の街としては入り易いだろうと、この地区に宿をとることにしました。
(下の写真は、リベルダージの露天で売っていたお土産。微妙に漢字が間違っている...)

katu.jpg


しかし...どうせ日本語も通じるんだろうし、宿は現地で安いとこ聞いて決めればいいやと、
例によって初日のホテルの予約すら取らず、ガイドブックに載っていた「ホテル池田」ってのにとりあえず印を付け、
初日はここに泊まり、次の日街を散策しながら安宿を見つけて移ろう♪なんてアバウトなプランを立てたのが間違いでした。

riberdarde1.jpg

リベルダージに着いたはいいものの、意外に日本語通じません...(そりゃそうだ...ブラジルはポルトガル語です)。
そして英語も全くと言っていい程通じません...(これは大誤算だった。ワンツースリーすら通じない...)。
アバウトな地図を頼りに、「ホテル池田」の場所に行くも、ホテルがありません...。
もっと詳細な街の地図を手に入れようと近くの売店に入るも、そんな便利なものは無く、辞書くらいの厚さはあろうかというブラジル全土地図を売られそうになったり。
道の舗装も余り良く無かったので、スーツケースは転がらないし、意外に高低差のあるこの地区で宿を探すのは本当に大変でした...。
初日くらいは、ちゃんと予約していくべきですかねと、ちょっと反省。
(上の写真は、リベルダージの露天。たこやきや焼きそばも売っていた。下の写真は盆栽屋さん...何でもアリだ。)

bonsai.jpg

結局、日本語の通じる電気屋のおじさんに出会い、ホテル池田のことを聞くと、
「あったねぇ、2ヶ月くらい前までは」という回答。そうか、つぶれてしまっていたのね...。
仕方ないので、おじさんに近辺の安い宿を聞くと、「ホテル一成」という中国人が経営しているホテルを紹介された。
(下の写真は、ホテル一成で泊まった部屋。シャワーも付いていたし、まぁこんなもんか。)

hotel.jpg

一泊朝食付きで42レアル、当時約2700円くらいかな。疲れていたし、日も暮れそうだったのでそこに決定。
初日からくたくたになり、先の思いやられるスタートではありましたが、こうしてブラジルでの1ヶ月が始まりました。

bento.jpg

ちなみにこれは初日の晩飯。とにかく疲れたので、近くのスーパーで弁当を買う。
うーむ、本当にブラジルに来たのか?という写真が連続しましたが、段々ブラジルっぽくなってくると思いますので...多分。
#03は頑張って今夜書こう...その次はいつになるかわかりませんがお楽しみに~。
  1. 2011/05/16(月) 00:35:14|
  2. 旅行記 ブラジル2008
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<Brazil2008 Travel Report #03 ペンション荒木にて怪しいじいさんに出会う | ホーム | ソレイユ>>

コメント

ハハハ。
僕ももう少し日系人には日本語が通じるのかなって期待してたよ。
しかし日本とは地球の真裏に日本の飛び地のようなものがあるというのは初めて見た時は
けっこう衝撃的でしたよ。僕にとっては。
  1. 2011/06/05(日) 10:41:41 |
  2. URL |
  3. satoshi #-
  4. [ 編集]

satoshiさんへ

僕も衝撃的でしたね、あれは。
もう少し交流があってもいいと思うんですけどね。
NHKで俳句の番組ばかり見ていたら、随分と現地の人の日本情報も偏っているだろうし(苦笑)
  1. 2011/06/05(日) 11:21:17 |
  2. URL |
  3. architraveler > satoshiさん #XKEzdgio
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://architraveler.blog2.fc2.com/tb.php/870-65229c29
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。