FC2ブログ

#107

YOU ARE WHAT YOU MEET !!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

別れは出会いの一部に過ぎない

ここ最近、同年代の結婚ラッシュが終わったと思ったら、離婚したという話をよく聞く様になりました。
それぞれの夫婦の間に一体何が起こってしまったのかはわからないけど、他人が生活を共にするのだから、歪みは生じて当然。
結婚がその時二人にとって一番幸せな選択であったとしたら、離婚だって、その時の二人の最良の選択であったはず。
少なからず心をすり減らしてしまった友人たちの気持ちが、一日でも早く前を向いてくれることを願います。


学生の頃、何度か海外を旅できる幸運に恵まれて、いくつかの国を歩きました。
建築を勉強していた事もあって、有名建築を巡るつもりで旅は始まるのだけど、旅先で出会う人達との交流が面白くて、いつの間にやら、沢山の人と出会うことが、メインの目的になっていました。

まさに、旅とは出会いです。

ふとそう感じた瞬間、海外に行かなくとも、普段の生活でも沢山の人に出会っていると気付きました。
日本に帰ってきても、旅は続いているんだと...、生きていることは、旅をしていることなのかなと、そう感じたのです。
僕の中では、旅をする事と、生きる事と、出会うことは、ニヤリーイコールで結ばれています。


20代の半分以上を、逃病しながら生き、いくつかの死別を経験しました。
その絶対的な別れと比べれば、生きている者同士の別れは、一生という時間の中の「出会いの一部」に過ぎないのではないかと思うのです。
生きることと出会うことはニヤリーイコールですから、生きている限り、出会いは、旅は続くのです。

例えば10年一緒に生活した二人は、10年かけて、出会った。

時間をかければかけただけ、深い出会いになるだろうし、その出会いが深い程、生きている限り特別な関係は続くのかなと。

多くの場合は、付き合うのをやめたり、離婚した後は険悪な状態が続くのだろうし、綺麗事だけでは片付けられないかもしれないけど、
長い時間をかけて出会った特別な相手を、一生という旅の中で大切にできたらいいですね。
それが例え、夫婦や恋人という形でなくなってしまったとしても。



しかし...、結婚ってなんだろう。ますますわからん(´Д` )
  1. 2012/03/20(火) 21:02:40|
  2. 最近考えてること
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Star Watching vol.3 | ホーム | AYA世代のがん>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://architraveler.blog2.fc2.com/tb.php/931-9fad30e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。