FC2ブログ

#107

YOU ARE WHAT YOU MEET !!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

一歩後退、一段上昇

今日、三十路となりました。
まさか自分が30歳になるとは、夢にまで思いませんでした。ずっと20代だと思ってた...orz
感想は...思ったより30歳ってガキですね、僕だけかな。

19歳の時、浪人する為に上京。20代は、大学に合格してさぁ明るい10年の始まりだ!と思ったら、
蓋をあけてみれば結構波瀾な10年でございました。
癌だと言われたり足を切ってみたり、いつまで僕はこんなところでうろうろしてるのかと、じれったい自分の日々に嫌気がさしたり。
結局は、「そんな現実を受け入れた」というかっこいいものではなく、とにかく無視しながら逃げて逃げて逃げまくったという感覚です。逃病です。

しかしながら、10年を振り返ってみると、そんなに辛かった記憶があまりありません。
喉もと過ぎれば...的なこともあるとは思いますが、家族や友人や恋人や、自分が包まれている環境が、とても暖かかったからだと思います。
そんな環境を作ってくれた人達に、30代はちゃんと恩返ししなくてはなりませんね。
そして、そんな環境を作ってあげられる人にならなくては。まだまだ自信ないですけど。


くねくね道に迷い込んで、右も左も解らない、前に進んでいるのかもわからない状況の時、いつも心で唱えていた言葉は、

たとえ道にまよっていても、必ずどこかに向かっている...

という一言でした。(2006年の記事で紹介してました)
前に進んでいなくてもいいんだって、その時思えたんですよね。
たとえ一歩さがったとしても、一段上昇しているかもしれないじゃない?
下を向いて歩いていたら、何か素敵なものが落ちてるかもしれないし、
前を向いて進みたくなかったら、後ろ向きになってムーンウォークでもしてみたらいいのかもしれないし。
その時最悪にネガティブなことだと思っていたことが、後になって頼れる土台になって一段自分を高いところに上げてくれているなんてことが、しばしばあるんだよね。
道が真っすぐ前に伸びているのではなくて、実は道なんて無いだだっ広い立体的な草原を、縦横無尽に飛んだり跳ねたりすればいいのかもしれないですよね。
...と言いながら、いつまでもふらふらしているわけですが...^^;

20代は人に頼りっきりだったので、30代は少しずつ、人の為に実践する10年にします。
そして、40代という次の10年に向けて、経験を積み上げていくことにしましょう。

皆様、今後ともよろしくおねがいします。
  1. 2012/04/16(月) 09:53:19|
  2. 最近考えてること
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<にょきにょき | ホーム | Melting Snow>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://architraveler.blog2.fc2.com/tb.php/934-b30fe378
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。