FC2ブログ

#107

YOU ARE WHAT YOU MEET !!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

RAWデータを現像する

GIMPでRAWデータを現像する方法(2012/06/06現在)

 環境
 Mac OSX 10.6.8 Snow Leopard
 PhotoshopCS3


イベントポスターを作成する為、デジタル一眼レフカメラでRAWデータの画像を撮影した。
(RAWデータとは、デジカメで撮影した際に、JPEG等に圧縮する前の「生」な状態のデータで、ホワイトバランス等をデータを劣化させる事無く調整することができる。)
そのデータを、PhotoshopCS3で編集しようとアプリケーションを起動させた所、RAWデータ(今回の場合は.CR2)形式をサポートしていないことが発覚。
(CS6ではサポートしている模様。)


そこで、「GIMP」をインストールし、そちらで現像することにする。
(GIMPとは、フリーソフトであるにも関わらずPhotoshopと同程度の画像処理を行なう事のできる便利なアプリケーションです。)
この記事はその手順のメモである。

■STEP1
http://sourceforge.net/projects/gimponosx/
でGIMPをインストール(所要時間約30分)。

■STEP2
インストールしたGIMPを起動させると、XQuartzをインストールせよとの表示が出るので、
http://xquartz.macosforge.org/trac/wiki
でインストールする。
(インストール方法は、http://12lines.seesaa.net/article/203019809.htmlを参考にした。)
OSのヴァージョンに注意してでーたをダウンロードする。
僕はSnowLeopardなので、2.6.1を選択した(所要時間約15分)。


ダウンロード後、「Macintosh HD」>「アプリケーション」>「ユーティリティ」にXQuartzがダウンロードされているか確かめ、起動してみる。

■STEP3
編集したいRAWデータをGIMPで開くことができる様になっているはず

以上
  1. 2012/06/07(木) 01:42:48|
  2. おぼえがき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<世界の感じ方 | ホーム | セカンドオピニオン>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://architraveler.blog2.fc2.com/tb.php/948-dc8bc112
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。