FC2ブログ

#107

YOU ARE WHAT YOU MEET !!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

心に刻まれる風景

tateyam01.jpg

先日は立山連峰が最高にきれいでしたね。
富山には、立山信仰というものがあるらしいですが、山々が奇麗に見える度に車を停めて撮影していると、
立山という自然に神秘さ、神々しさ、そして恐ろしさを感じる気持ちが、なんとなくわかる気がしています。

富山県の中で、立山連峰の見える土地に住宅を設計する際、クライアントから
「立山はどの方向に見えるのか。家の中から見る事ができるのか。できれば立山の見える窓が欲しい」
という要望をよく受けると聞きます。富山の方々の大切な原風景なのですね。

fujisan.jpg

原風景と言えば、僕にとっては富士山なわけです。
実家に帰省する際はかならず近所の土手に上がり、富士山を眺めに行きます。
高校生の頃は毎朝、この富士山の方向に向かって自転車を走らせ登校したものですが、
地元を離れてみて始めて、心の中にくっきりと描かれている原風景というものを感じます。

富山に移り住んで1年4ヶ月。僕の中にもう一つの、強烈な風景が刻まれていきます。

今までに撮った立山連峰の遠景写真をちょっとご紹介します↓↓↓^^


tateyama03.jpg


tateyama02.jpg


taeyama05.jpg


tateyama06.jpg


tateyama07.jpg


tateyama09.jpg


tateyama08.jpg


tateyama10.jpg


tateyama04.jpg

.
.
.
.
.

ikidomari02.jpg


立山が奇麗に見える日は、ビュースポットを求めてあっちへこっちへ。
たまに無理してあぜ道に入って、行き止まりになってしまうこともしばしば。
富山であぜ道をバックで走るカローラを見たら、それは多分僕です...^^;

  1. 2012/11/27(火) 15:17:34|
  2. 最近考えてること
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<鼓動の音が聞こえる | ホーム | 月夜>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://architraveler.blog2.fc2.com/tb.php/963-1f0415a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。