FC2ブログ

#107

YOU ARE WHAT YOU MEET !!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ラン、始めました。

spairleg.jpg


今週は帰りが4時代という日が続いてしまった。
時間内に仕事を終えるというのは必用な能力なのでお恥ずかしいのですが、やはり提出間近は時間をかけたくなってしまいます。

で、痛感したのは、やはり体力必用ですね。
ここ数年、運動という運動はせず、昨年は結構体を使う活動が多かったのですが、今年に入ってオフィス作業が主になり、どうしても体力と反比例してお腹のお肉も勢力を増してきてしまっています。

ということで、何か運動を!と思った時に、義足では気軽にジョギングとか出来ないしな…と思った瞬間、
「そんなに言う程挑戦もしてないじゃない?」という心の声が聞こえ、そーだよねってことで早速走ってきましたー!!

今晩走ってみて(走るとはまだまだ言えない動きでしたが)思ったのは、生活用の義足でこれを毎日やったら、半年で壊れるな……という印象。
着地時に膝部分にかかる衝撃が結構あります。
ということで、押し入れから昔の義足を引っ張りだしました。明日からはこれに付け替えて走ろう。これなら壊してもいいや〜^^

義足での活動は通常の3倍の体力を使うらしい。といことは、1/3の時間で成果が出るということかな♪
ふふふ、さらばおニク!!



------------------------

幼少の頃、沼津陸上という陸上クラブに通っていた頃、監督に「美しい走りのフォーム」を叩き込まれました。
その頃から、自分の中に理想の走りの形があって、走る時はいつもそれを意識していました。
腕の振り方や、足が接地する面積、振り出した足のつま先の方向、平行移動する様なイメージの頭の高さ等等、今でもはっきりと頭の中にイメージできます。
走る際は、太陽に照らされて地面にうつった自分の影を時折走りながら確認したりして、理想の形が実現できているか、いつも追求していました。
それが、必然的に無駄な動きを少なくし、自分の持てる能力の中でより速く走るという結果に繋がって行ったと思います。

ただ、義足になって試しに走る真似をしてみた時、地面にうつる自分の影を見て、その理想との距離に愕然とし、それから走るということには全く興味を持てなくなってしまいました。
ネットで、義足のトップアスリートの走りを見た時も、僕の思い描いている理想の形はそこには無く、「義足での走り方での一番奇麗な形」というだけの様に感じてしまい、
そのときからもう、「走る」ということから目を背ける様になっていったのでした。
はっきり言って、今も純粋に走るという行為にはそれ程興味が戻って来たわけではないのだけど…でも、沢山あるやりたい事達を実現していく上で、絶対に体力は必須だ。
その実現の為に、もう一度走るという行為に向き合ってみようかと思います。その中で、少しでも興味が戻ったら、それはそれで楽しいなぁ。

今の所、「走って気持ちいい」にはほど遠く、苦行の様です。辛いのは、体力的なことではなく、やはり理想通りに走れないという部分。
ま、また嫌いになってしまったら元も子もないので、めげない様に、無理せず出来るときにやるってくらいな気持ちで続けます^^
  1. 2013/07/14(日) 00:15:39|
  2. 最近考えてること
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<走る、歩くを再考する | ホーム | 涼を納れながら日本語を考える>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://architraveler.blog2.fc2.com/tb.php/968-dcd9750f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。